日経平均株価とは

日経平均株価

東証1部上場銘柄(1500以上)のうち市場を代表する225銘柄を対象に出す数値です。

 

その構成銘柄は日本経済新聞社によって決定され日経平均株価の構成銘柄のみなし額面50円に換算した

 

指数採用株価を合計し除数と言われる数値で、割ったもの。これが日経平均です。

 

 

日経平均とよく言いますが、正式名称は日経平均株価。

 

日本を代表する株価指数です。

 

よくテレビやニュース、新聞で取り上げられ、なんとなく聞いている人は多いはずです。

 

上がると、なんだか景気が良いんだなー・・下がると、景気が悪くなっているのかなー 一般的には、そんな程度ですよね。

日経平均株価とは関連ページ

日経平均銘柄入れ替え
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。
日経平均銘柄の扱いでの注意点
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。
日経平均の歴史
日経平均株価の最初の値は、1949年、昭和24年5月16日の176.21円で、1950年9月7日に東京証券取引所が権利落ち修正方式によって平均株価を算出したのが始まりです。このときには、過去の1949年までさかのぼって算出したと言うわけです。1970年に日経新聞がこの算出を引き継ぎました。
日経平均とトピックス
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。