日経225先物取引入門

企業は、今は景気がよく業績もうなぎのぼりですが、そのうちに時代の流れいそぐわなくなって、

 

たとえ一流企業、上場企業といえども倒産、廃業、吸収されていったり、突然の震災や、事故、不正などで

 

その企業が市場から消えていくことがあります。

 

日経225はその時代の流れを反映させるために随時、適宜入れ替えられています。

 

入れ替えを行っても除数を使うことによって指数に連続性を持たせイメージが継続できるようにしてあります。

日経平均銘柄入れ替え関連ページ

日経平均株価とは
東証1部上場銘柄(1500以上)のうち市場を代表する225銘柄を対象に出す数値です。
日経平均銘柄の扱いでの注意点
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。
日経平均の歴史
日経平均株価の最初の値は、1949年、昭和24年5月16日の176.21円で、1950年9月7日に東京証券取引所が権利落ち修正方式によって平均株価を算出したのが始まりです。このときには、過去の1949年までさかのぼって算出したと言うわけです。1970年に日経新聞がこの算出を引き継ぎました。
日経平均とトピックス
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。