日経225先物取引入門

日経平均銘柄の入れ替えは、随時行われますが、大幅な入れ替えがあり、データをい扱う上で注意しなくてはいけない分岐点があります。

 

ネットバブルといわれた200年4月に225の圭柄の大幅な入れ替えがありました

 

当時は日経平均が20000円の時代で今考えると恐ろしいく良いころです。

 

この時期に値嵩ハイテク株といわれる銘柄が新たに多く組み入れられました。

 

この入れ替えによって、値動きが荒くなり、その後はバブル崩壊で日経平均はどん底までさげていきました。

 

この頃は野村證券の1兆円ファンドといわれる日本戦略ファンドや、さまざまなファンドが登場しました。

 

ソフトバンクの登場もこの頃です。そのほか光通信などがにぎわった時代で、今では遠い昔の話となりました。

 

日経平均については、
nikkei net プロフィル
http://www.nikkei.co.jp/nkave/
こちらをご覧ください

 

 

日経平均銘柄の扱いでの注意点関連ページ

日経平均株価とは
東証1部上場銘柄(1500以上)のうち市場を代表する225銘柄を対象に出す数値です。
日経平均銘柄入れ替え
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。
日経平均の歴史
日経平均株価の最初の値は、1949年、昭和24年5月16日の176.21円で、1950年9月7日に東京証券取引所が権利落ち修正方式によって平均株価を算出したのが始まりです。このときには、過去の1949年までさかのぼって算出したと言うわけです。1970年に日経新聞がこの算出を引き継ぎました。
日経平均とトピックス
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。