日経225先物取引入門

自己中心的考えを捨てる

先物取引は値動きの洗い取引です。一瞬の判断の乱れで大きく損益が変わって来ます。

 

売り買いの優勢が突如変わり、慌てふためくこともあります。

 

1990年代のお話で、破綻したベアリングス社の某氏が、下落中に大量の買いを出して、

 

参加者がかく乱されて時があったそうです。

 

ひと値で1000枚買いの注文を連発したそうです。1000倍ですから、10円動いて、10000円×1000枚 1億です。

 

この買いで、いち時期他の投資家の恐れを買って踏みあがって言ったそうですが、

 

最終的には見透かされて、破綻しました。

 

常に良い値段での売り買いなどは、みなが思っていることでもあり、自己中心的な考えです。

 

「もう我慢できない」と思った時が、底だったり、天井だったりと言うことはよくあるとか。

 

自分の考えをしっかり持って、自己責任と言う厳しい世界の中でチャンスをものにしていくことが

 

重要になります。 

先物取引の心構え関連ページ

先物取引とは?
日経225の入門書。先物取引は今、ネットを使うことで簡単に取引することが出来るようになりました。まだ、メジャーでなくこっそり儲かる日経225をはじめたい人のための入門サイトです。 このサイトを読めば基礎・実践がわかります。
資金について
日経225の入門書。このサイトを読めば基礎・実践がわかります。ごっぽり儲かるといわれる日経225先物取引を学びましょう。口座の開設、資料請求も出来ます。