日経225先物取引入門

SGX市場

日経225先物は、大阪証券取引所だけではなく、シンガポール取引所で上場しています。
シンガポール、シカゴで2箇所で上場されています。
シンガポール取引所(SGX)で取引される日経先物のことをSGX先物といいます。

 

シンガポール市場で取引される日経225先物は、日本より15分早く取引が開始されます。

 

シンガポール取引所は、会員でないと取引ができません。売買はシンガポールの個人や外資系証券会社、日本の大手証券会社、などが主体となっています

 

大阪市場よりは約取引が開かれるため、SGXの日経先物は誰しも注目しています。その日の値動きを占うといってもいいものなのです。

 

そういった注目度から、1部のヘッジファンドは、SGX先物に売りや買いを仕掛けて、日本の日経先物の寄り付値を動かそうとするところもあります

 

日本で日経225先物を取引している人は、必ずといっていいほどSGX市場の寄付きを参考にします。

 

後場についても15分早くスタートするので、同じように参考にするため、大証の後場に影響を与えます。